ホーム    四川観光    チベット観光      雲南観光      長江三峡      ホテル  
チベット観光パーミットについて
   


パーミットとは
2008年年3月から、外国人がチベットを旅行するには中国のビザ以外にチベット入域許可証パーミット(Tibet Travel Permit/中国語名:入藏函/略称TTB)と外国人旅行証が必要です。入域パーミットはその名の通りチベットに入るために必要な許可証です。外国人旅行証は非開放地区が多いチベットを旅するにあたって非開放地区を見学するため先に許可を取っておく、ということです。チベット自治区には、外国人が自由に訪れることのできる「開放地区」と、公安局の許可がなければ訪れることのできない「非開放地区」があります。この非開放地区に行く場合は、ラサ市内の旅行会社を通して「外国人旅行証」という許可証を取得する必要があります。この入域許可証がなければ、ラサ(チベット自治区の首府)へ入る航空機やバス、列車のチケットを購入することができません。入域許可証はラサへ入る飛行機の発券やバス、列車のチケットの購入に必要です。
パーミットがなければチベットに足を踏み入れることは出来ません。パーミットの取得の際に、ホテルや移動手段、ガイドの名前、チベットへの入境手段、時間、旅行路線を事前に報告する必要があります。個人での申請は出来ず必ず旅行会社を通して申請することになります。また、以前は一旦チベットに入域してしまえばあとは自由に行動ということもできましたが、最近は厳しくなりそういったことも一切できなくなりました。パーミットのみの手配は出来ません。ビザ取得の要不要については、15日以内の滞在ならチベット入域にも中国観光ビザは不要です。しかし情勢によって事情が変わるかもしれないので注意が必要です。


パーミット申請について
@弊社にてお客様へ送信させて頂きました日程とお見積りに同意頂き、チベット旅行へのご参加をご決定頂く。
Aご決定頂いた後、入域許可証を取得するために下記の個人資料が必要です。 お客様のパスポートの名前ページ(はっきりと文字の読み取れるもの)と職業などの情報、メールにてご送信頂きます。
B弊社にて日程などと一緒に頂いたパスポート写真を添えてパーミットを申請いたします。近年パーミットの発行がご出発の直前になることもございます。しかし、例え発行が遅くなったとしても、お客様の分1つだけが遅くなっているのではなく、すべての方の分が遅くなっておりますのでご安心下さいませ。
Cパーミット取得後、成都駅で鉄道にご乗車、または成都空港で飛行機にてチベットに向かう場合は必ずパーミットのオリジナルが必要となります。成都などでガイドがいる場合はガイドに、ガイドがいない場合は日本または中国のご宿泊ホテルにパーミットのオリジナルを発送させて頂きます。


許可の注意事項
1、入域許可証には自治区インとアウトの期日が記載されており、この期日はお客様のスケジュールに基づいています。スケジュールは中国ビザが有効な期間中で組まないといけません。中国ビザなしでの入国の場合は中国入国から15 日以内、中国ビザがある場合はビザの有効期限まで滞在することができます。
2、中国の旧正月、労働節期間(5月1日頃)、国慶節(10月1日頃)の期間は休みになりますので、この連休直後にご旅行をご希望の際はお早めにお申し込みください。チベット旅行はご出発の2週間ほど前までにご決定頂けると幸いです。
3、ノーパーミットは違法行為であり、発覚すれば即時のチベット外への退去処分+罰金、最悪の場合、拘留や国外退去処分などの厳しい処分となるので、絶対にやめてください。
4、現在、チベットの未開放地区もあり、観光許可はだめです。外国人に対して由に訪問できる範囲は「対外開放地域」だけです。未開放地区であっても旅行エリアであれば、公安局発行の「外国人旅行証」さえ取得すれば訪問できます。「外国人旅行証」と前項で紹介した「パーミット(入域許可証/TTB)」は別物です。
5、チョモランマやネバールへはこの許可書だけでなく、辺境通行証も必要となります。詳細情報は出発前に旅行会社などで確認するようにしましょう。