ホーム    四川観光    チベット観光      雲南観光      長江三峡      ホテル  
チベット観光スポット ノルプリソカ

ノルプリソカ

 ラサ市街の西の郊外にある。チベット語で「宝珠の林園」の意。1740年代、ダライ?ラマ7世(1708〜57)のときに造営し、のちに歴代のダライラマの夏の宮殿となり、以降、チベット歴の4-9月はここで政務を執り、式典を行ってきた。
  総面積36万平方メートル。灌木が生い茂る美しい庭園に幾つかの棟が点在している。そのうち、タクトゥミンギュル宮はダライラマ十四世が住んでいた建物。謁見室、私室、瞑想室などがあり興味深い。
  1959年、ダライラマ十四世がインドへ亡命をするのも、ここノルブリンカから脱出をしてであった。

 

 


ラサの地図

ラサの交通道路状況

ラサの写真

ラサのホテル

ラサのツアー