ホーム    四川観光    チベット観光      雲南観光      長江三峡      ホテル  
四川古鎮
   


四川古鎮

 四川では、古鎮(古い町)が千箇所余りある。古い歴史を持つ各古鎮は、伝統、風景や風習などで国内外の観光客を引き付ける。その中で有名なのは洛帯古鎮、黄龍溪古鎮、平楽古鎮、桃坪羌寨、安仁古鎮、上里古鎮などである。

 @洛帯古鎮
 洛帯古鎮は2万人の人口を有し、その中の90%以上が客家族(中国の少数民族)の人である。客家族の文化がよく保存されている洛帯古鎮には、客家会館、歴史遺跡、古い道などの観光スポットが沢山あり、また、「傷心涼粉」「塩?鶏」などの料理も有名である。

 A黄龍溪古鎮
 成都市双流県に位置する黄龍溪古鎮は、1700年余りの歴史を持つ古い町である。黄龍溪には鎮江寺、潮音寺や古龍寺という三つのお寺がある。特に春節に周辺の住民達が「?会(縁日)」を見に行き、とても賑やかである。


 B平楽古鎮
 四川省??市の西南部にある平楽古鎮は、「古川南蜀道」の一つであり、南のシルクロードの起点でもある。漢の時代から形成された平楽古鎮は、2000年余りの歴史を有している。山、川、千年古木、吊角楼を有する古い道を通り、特別な体験も得られよう。

 C桃坪羌寨
 2000年余りの歴史を持つ桃坪羌寨では、羌民族(中国の少数民族)の人が沢山集まっている。羌民族の住民は険しい山に家を建て、生活習慣の面においても漢民族とずいぶん違っている。


 D安仁古鎮
 安仁古鎮は成都平原の西南部に位置し、大邑県から13キロメートル離れている。古鎮の建物のほとんどは清代末期に立てられたのである。特に民国の時(清代末期から中国人民共和国が成立する前のこの時期)に作られた劉氏家族の荘園は、洋風建築と中華風建築が融合していて、とても特色がある。

E上里古鎮
 上里古鎮は四川省雅安市雨城区に位置し、昔は南のシルクロードの経由地である。「十八羅漢朝観音」と呼ばれる18の丘が有名。また、「二仙橋」をはじめとする8つの石橋も有名。